出店事例インタビュー
interview

出店事例インタビュー

FC加盟店

道の駅(郊外)

マスターズカフェ
道の駅のつはる店

営業時間 10:00〜17:00
座席数  34席

ー 道の駅にマスターズカフェを
出店しようと思った理由は何ですか。

少ない人員でレストラン店舗を運営する仕組みが、短期間でオープン出来たからです!
大自然に囲まれた大分市の野津原地区の、大分川ダム(ななせダム)を一望できる国道442号線沿いに「道の駅のつはる」がオープンしたのは2019年11月30日です。しかし道の駅の運営法人にはレストラン店舗を運営するノウハウは一切ありませんでした。そこでオープンに向けて、早くからレストラン運営委託者を募集していましたが、募集はゼロでした。
オープンまで3ヶ月を切り、このままでは間に合わないと腹を決めて、運営法人の理事である弊社代表が異業種ながらもマスターズカフェFC出店を決めました。

ー オープンしてみて反響はいかがですか。

大分県内25ヶ所目の「道の駅のつはる」でしたが、ユニークな取組みがマスコミ等に注目されたことで、オープンから1ヶ月で計画を大きく上回る約1,700名にご来店を頂き、月間売上350万円近くの順調なスタートとなりました!
やはり福岡で人気のカフェで、他カフェチェーンと全く違い、突出してメニュー数も多く味の質も高くオシャレで、田舎でも大好評です。
また、道の駅運営でジビエ活用が条件だったのですが、カフェチェーンとは思えない程柔軟に、大分県産の天然シシ肉等を活用した料理を開発&提案頂きとても感謝しております。

ー 繁盛している反面、
スタッフへの負担はどうですか。

現在は正社員2人、PA(パート・アルバイト)2~5人の最小シフト体制、低い人件費で運営出来ています。平日は3人・週末は4人か5人で回せます。最小シフト体制にもかかわらず、シンプルなオペレーションとセルフ&自動発注システムにより、残業は一切なく労務負担は一切ありません。
当店には料理人経験者はいません。しかしマスターズカフェの仕組みにより、調理にかかる手間やオペレーションがシンプルで可能です。簡単な作業でOKなので、未経験者や学生アルバイトも即戦力になれるのが強いです。

fc
model
faq
contact